メインメニュー

 

認知症の上手な介護、適切な対応について

 

 Q1:同居している嫁の悪口を言う、どうしたらよいか?

  例えば、嫁が財布を隠す、家から追いだされると言いふらす
 
A:
  嫁が感情的に対応して両者の関係が悪循環になっている場合は、患者さんの認知症の世界と現実のギャップを理解して接するようにする。
 
 疾患自体によって攻撃的、被害的言動、悪態をつく場合は、家族による非薬物的対応(介護)は困難なことが多い。
 
 病前から嫁姑の不仲なことが多い。患者さんが認知症になったから仲が改善されることはあまりないようです。この場合は、患者さんと家族が物理的に離れるようにする。
 
 介護施設に短期または長期入所またはグループホーム入所するなど検討が勧められる。
 
 家族の方は本人が寂しく感じないよう時々会いに行って、日常の介護は専門のスタッフにお願いする。 スタッフは、第三者であり患者さんも多少遠慮され、取り繕いの反応も生じ、落ち着くことが多いようです。
 
 ホームでは、なじみの関係を作り、安心して療養することが肝要です。
 

 

 

プリンタ用画面
カテゴリートップ
シリーズ Q&A認知症
Copyright(C)2006 Futabanaika Clinic. all right riserved.