メインメニュー

クリニックの活動報告 - 学会カテゴリのエントリ

2018.5.25(金)〜26(土)第59回日本神経学会

カテゴリ : 
学会
執筆 : 
araki 2018-6-1 18:20
2018.5.25(金)〜26(土)第59回日本神経学会
シンポジウム:神経内科医が知っておくべきゲノム医療の最先端
シンポジウム:パーキンソン病のUnmet Needsを考える
招待講演:パーキンソン病の分子遺伝学的研究
蛋白蓄積症としてのシヌクレイノパチーの分子病態病理
生涯教育セミナー:高齢者の運転
末梢神経疾患をめぐる病態と治療法の新たな展開
筋疾患の画像診断
ランチョンセミナー:パーキンソン病の薬物治療における新規薬剤の位置付け
ーMAOB阻害剤ラサギリンへの期待
ランチョンセミナー:パーキンソン病の睡眠覚醒障害update
イブニングセミナー:新ガイドラインにおけるL-dopa治療の位置づけ
院長出席  ロイトン札幌、札幌芸術文化の館、札幌市教育文化会館にて

2018.4.13(金)第115回日本内科学会講演会

カテゴリ : 
学会
執筆 : 
araki 2018-4-20 7:30
2018.4.13(金)第115回日本内科学会講演会
シンポジウム  サルコペニアの科学と臨床
1)サルコペニア診療ガイドライン
2)認知症とサルコペニア
3)呼吸器疾患とサルコペニア
4)肝疾患とサルコペニア
5」高齢者薬物療法とサルコペニア
教育講演:間質性肺炎の新しい診断・治療概念
招聘講演:人類はエイズを克服できるか?
招聘講演:急性骨髄性白血病の分子病態と分子標的療法
教育講演:E型肝炎診療の最前線
教育講演:心血管リスクとしての骨粗鬆症
招聘講演:肺がん治療の展開ーバイオマーカーに基づいた肺がん薬物療法の有用性ー
院長出席   京都 みやこめっせにて
2017.9.16(土)〜2017.9.17(日)第58会日本神経学会学術大会、
XXX World  Congress of Neurology KYOTO(合同開催)

TEACHING COURSE 2: HEADACHE

TRIGEMINO-AUTONOMIC CEPHALALGIAS (TACs)-DIAGNOSIS AND TREATMENT
David Dodick (Invited Speaker)


OTHER SECONDARY HEADACHES (NON-THUNDERCLAP)
Rashmi Halker (Invited Speaker)


OOKING AT “THUNDERCLAP HEADACHE(TCH)” DIFFERENTLY?
K. Ravishankar (Invited Speaker)

OTHER ‘PRIMARY HEADACHES’
Shuu-Jiun Wang (Invited Speaker)


TEACHING COURSE 10: DEMENTIA I: BASIC


CURRENT ALZHEIMER TREATMENTS
Shun Shimohama (Invited Speaker)


DEMENTIA ASSOCIATED WITH PARKINSONISM: THE SPECTRUM
Murat Emre (Invited Speaker)
CLINICAL SPECTRUM OF AD: NON-AMNESTIC VARIANTS AS A DIAGNOSTIC CONUNDRUM
Morris Freedman (Invited Speaker)


DIAGNOSIS AND MANAGEMENT OF FTD IN CLINICAL PRACTICE
Shinsuke Fujioka (Invited Speaker)

院長 出席  国際会議場 KYOTOにて




 

2017.4.15(土)〜4.16(日)第114回日本内科学会

カテゴリ : 
学会
執筆 : 
araki 2017-4-20 8:00
2017.4.15(土)〜4.16(日)第114回日本内科学会
院長出席

2016.12.1〜12.3第35回日本認知症学会

カテゴリ : 
学会
執筆 : 
araki 2016-12-14 8:10
2016.12.1〜12.3第35回日本認知症学会
2016.12.3 第16回日本認知症学会教育セミナー
院長参加  東京国際フォーラムにて

2016.10.21(金)〜22(土)第44回日本頭痛学会

カテゴリ : 
学会
執筆 : 
araki 2016-11-9 14:00
2016.10.21(金)〜22(土)第44回日本頭痛学会 
〜頭痛医学の進歩から頭痛医療の現場まで〜
頭痛外来から眺めた頭痛診療の変遷 立岡 良久会長講演
東洋医学実践セミナーー「医師のための鍼灸体験講座」
シンポジウム: 「片頭痛の慢性化と中枢感作:どこまで解明されたか」
「雷鳴頭痛を来す疾患」
「睡眠と頭痛」
教育セミナー「三叉神経・自律神経性頭痛(TACs)の診かた」
ランチョンセミナー「頭痛診療医に必要なてんかんの知識と鑑別診断:症例を通じて」
「小児・思春期頭痛の治療戦略」
イーブニングセミナー「睡眠と頭痛」獨協医科大学 神経内科 教授 平田 幸一先生
院長出席 ウェスティン都ホテル京都にて
2016.6.23(木)〜6.24(金)第31回日本老年精神医学会
シンポジウム:
ーBPSD治療の新展開ー
企画教育講演:
アルツハイマー病と誤りやすい非アルツハイマー型変性認知症
金沢大学大学院脳老化・神経病態学 山田 正仁先生
高次脳機能障害
国際医療福祉大学大学院臨床心理学 鹿島 晴雄先生
精神科におけるリピートタウオパチー
岡山大学大学院精神神経病態学 横田 修先生
レビー小体型認知症をめぐって
横浜市立大学名誉教授 小阪 憲司先生
高齢者のてんかん
松原愛育会松原病院 山口 成良先生
セミナー:
脳病理から考える 認知症の治療と予防
    筑波大学医学医療系臨床医学域精神医学教授 新井 哲明先生 
認知症ー臨床の諸問題ー
前頭葉機能を意識したアルツハイマー病治療の可能性
    菜の花診療所 北村 ゆり先生
前頭葉機能からみた認知症
    慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室 教授 三村 将先生
「認知症疾患の鑑別とパーキンソニズムの治療意義」
横浜市立大学 保健管理センター 教授 小田原 俊成先生
院長出席  金沢歌劇座にて

2016.5.18〜5.21第57回日本神経学会学術大会

カテゴリ : 
学会
執筆 : 
araki 2016-5-28 12:10
2016.5.18〜5.21第57回日本神経学会学術大会
PlenaryLecture 01 演者:Stanley Fahn
PlenaryLecture02 演者:Mark Hallett
日本神経学会第13回生涯教育セミナー
1.脳梗塞・TIA ― 診断の要点と最近の治療
2.日本の難病対策の新しい時代〜難病法について〜
3. MNDの原因・病態と新しい治療
4. 画像所見からみた中枢神経系感染症とその周辺疾患
5. 不随意運動の診断と治療
シンポジウム:MSAの治療の実現のために,何が必要か?
シンポジウム:3大変性認知症疾患(AD,DLB,FTD)の病態解明に対する学際的アプローチ
シンポジウム:ジストニアの臨床像を理解するPSP/CBDの臨床と病理
治るてんかん:高齢者てんかんの診断と治療
ランチョンセミナー:アルツハイマー病類似の非アルツハイマー型認知症
パーキンソン病に於ける非運動症状:ドパミン系と非ドパミン系の関与
実臨床におけるパーキンソン病治療の実際と今後の展望
院長出席  戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテルにて

2015.11.14〔土)第43回日本頭痛学会

カテゴリ : 
学会
執筆 : 
araki 2015-11-15 17:30
2015.11.14〔土)第43回日本頭痛学会
午前7時〜教育セミナー
「基礎的な頭痛研究でこれまで何がわかったか」
「頭痛学の今昔物語〜啓蒙から啓発の時代へ〜」
特別企画
「国際頭痛分類の改訂は妥当か」
特別企画
「機能検査(画像など)から見た頭痛の病態」
ランチョンセミナー
「頭痛Web日記「頭痛Clivk」の開発と今後の展望」
院長出席

2015.10.2〔金)〜201510.4〔日)日本認知症学会

カテゴリ : 
学会
執筆 : 
araki 2015-10-19 7:50
2015.10.2〔金)〜201510.4〔日)日本認知症学会
2015.10.2
シンポジウム:白質変性症と非アルツハイマー型認知症
ランチョンセミナー:アルツハイマー型認知症の治療薬の現状と課題
シンポジウム:認知症を取り巻く諸問題における患者の尊厳を考える
アフタヌーンセミナー:認知症治療の新しい展開
2015.10.3
モーニングセミナー:ミクログリア活性化による脳高次機能変調と認知機能障害
シンポジウム:薬剤性認知障害
教育講演:原発性進行性失語症の診かた
イーブニングセミナー:認知症診療における鑑別診断
イーブニングセミナー:パーキンソン病ニオケル非運動症状〜認知症がもたらすものとは
2015.10.4
第14回日本認知症学会教育セミナー
認知症疾患医療センターの役割
認知症と社会制度〜介護、りはびりを含む
アルツハイマー病の危険因子
Copyright(C)2006 Futabanaika Clinic. all right riserved.