メインメニュー

クリニックの活動報告 - 講演会カテゴリのエントリ

認知症学術講演会

カテゴリ : 
講演会
執筆 : 
araki 2017-9-19 18:00
認知症学術講演会
「認知症の診断と治療−鑑別を要する病態の理解を含めて」
筑波大学大学院人間総合科学研究科
スポーツ健康システム・マネジメント専攻ストレスマネジメント領域 教授 水上勝義先生
院長 座長
看護師 慳效匏短辧津久井好子、井上裕子、大場潤子出席
2017.7.21(金)水戸市エリア パーキンソン病を考える会
「パーキンソン病の発症機序・病態に応じた治療;
非ドパミン製剤の役割と可能性」
大阪赤十字病院 神経内科 部長 高橋 牧郎先生
院長出席  三の丸ホテルにて

2017.2.16(木)静脈血栓塞栓症講演会

カテゴリ : 
講演会
執筆 : 
araki 2017-2-20 13:59
2017,2,16(木)水戸済生会総合病院にてVTE治療について学んできました。      弾性ストッキングの重要性について、今後患者様にも提供させて頂きたいと思います。

参加者・(青木)

2017.1.21(土)茨城医学会地域医療分科会

カテゴリ : 
講演会
執筆 : 
araki 2017-2-1 17:40
2017.1.21(土)茨城医学会地域医療分科会ー在宅医療研究会ー
テーマ「在宅医療における認知症患者とのかかわり方」
「認知症への理解を深めるために」
茨城県保健福祉部 長寿福祉科 地域ケア推進 小沼 宏美先生
「日本医師会の認知症に対する取組み」日本医師会常任理事 鈴木 邦彦先生
「認知症への対応:かかりつけ医の役割」お多福もの忘れクリニック 本間 昭先生
院長出席

2017.1.16(月)脳神経セミナー in 水戸

カテゴリ : 
講演会
執筆 : 
araki 2017-1-21 8:00
2017.1.16(月)脳神経セミナー in 水戸
「脳卒中診療アップデート」 自治医科大学 神経内科 教授  藤本 茂先生
「てんかん診療アップデート」自治医科大学 脳神経外科 教授 川合 謙介先生
院長出席  ホテル・ザ・ウエストヒルズ水戸にて

2016.10.7(金)水戸市医療圏認知症学術講演会

カテゴリ : 
講演会
執筆 : 
araki 2016-10-13 18:20
2016.10.7(金)水戸市医療圏認知症学術講演会
「脳病理から考える認知症の治療と予防」
筑波大学 医学医療系 臨床医学域 精神医学 教授
認知症疾患医療センター(基幹型)センター長
新井 哲明先生
院長出席 茨城県メディカルセンター1F研修講堂にて

2016.9.8(木)水戸認知症学術講演会

カテゴリ : 
講演会
執筆 : 
araki 2016-10-13 16:20
2016.9.8(木)水戸認知症学術講演会
「実臨床からみたアルツハイマー型認知症ならびにレビー小体型認知症の診断と治療」
八千代病院神経内科部長/認知症疾患医療センターセンター長 川畑 信也先生
院長 出席 水戸市医師会館にて

2016.06.01(水)認知症フォーラム

カテゴリ : 
講演会
執筆 : 
araki 2016-6-3 12:58
2016.06.01(水)ウェストヒルズ水戸にて認知症フォーラム講演会が開催されました。
山田医院 山田 隆先生より「Me-CDTによる認知症診断」について、
菜の花診療所 北村ゆり先生より「アルツハイマー型認知症治療におけるAChEーIの使い分け」についての講演がありました。
参加者 院長 看護師(青木、荒木、津久井、井上)事務(椿山)
2016.5.22 日本内科学会生涯教育講演会Aセッション
1.肝疾患治療薬の進歩−ウイルス肝炎治療薬を中心に 
2. 炎症性腸疾患の病態と腸内細菌の関わり  
3.甲状腺疾患の診断と治療  
4.肥満症とメタボリックシンドローム:
5.動脈硬化予防を目指す生活習慣病の管理   
6.心原性脳塞栓症予防の最前線   
7.気管支喘息とCOPDとの接点   
8.関節リウマチ治療の進歩と目標   
9.身体診察による臨床診断  
院長 出席 東京 国際フォーラムにて
2016.4.15〜4.16 第113回日本内科学会総会・講演会
シンポジウム:睡眠関連疾患と全身性疾患をめぐって
シンポジウム:腸内細菌と疾患
慢性咳嗽の病態、鑑別診断と治療
NAFLD/NASH診療の新たな展開
菌ジストロフィーの分子機構と治療戦略
多発性筋炎・皮膚筋炎の病態・診断・治療
院長出席 東京国際フォーラムにて
Copyright(C)2006 Futabanaika Clinic. all right riserved.